2006年05月31日

地震の少ない大阪

 大阪に来て、ちょうど3ヶ月経ちましたが、その間一度も"地震”による揺れを体験していません。これは、首都圏では考えられないことです。

 首都圏だと、震度2、3クラスの地震は日常茶飯事で、震度1位であっても、TVにテロップがでるので、”何か大事件でも起きたのか”とTVに近づくと”○○地方で地震がありました、震度は次の通り”ということが多く、震度1くらいだったらいちいちテロップで流さなくても良いのにと思うこともしばしばです。

 震源地も茨城県沖、千葉県内陸、栃木県、東京湾、伊豆半島あるいは東北地方と様々です。地震があるたびに”○○北西部は、震度5クラスの地震が2,3年おきに起きる地震の巣である。”というような解説が出ていて、結局、”首都圏は地震の巣だらけ”ということを思い知らされます。

 もっとも、”地震が適度に起こる方がエネルギーが放出されて良い面もある”という記述を読んだことがあります。現実に、それまで”近畿地方は地震とは無縁”と思われていたところに、11年前に”阪神・淡路大震災”が起きたのですから、”大阪を含めた近畿地方が、首都圏より安全”とは言えないようです。

 実際、近畿地方、特に和歌山では、”東南海地震”が近いうちに必ず起きるということで警戒を強めているようです。大阪の人と”東南海地震”の話をしたら、”津波が大阪の川を逆流して襲ってくることはあるかもしれない”ということを聞きました。

 あまり、震のことばかり、気にしていたら何も出来ませんが、”平時”のうちに@大阪で地震がきても大丈夫なように地理に詳しくなるA”逃げ足”を速くするため、四方八方、正面からも背後からも”速足アスリート”が集う通勤途中の”梅田地下街”で鍛える この2つを今日からでも実行しようと思っています。

 
posted by NEKO4979 at 08:07| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

大阪の凄いダイエット法

 先日のTBSテレビの”白いんげん豆”騒動にみられるように、”ダイエット”に敏感な人(特に女性)は多いようです。女性と男性を比較した場合、女性は客観的にみて”太っていない”のに”自分では”太っている”と思っている人が多いのに対し、私も含めて男性は、”太っている”のにその自覚がないか、自覚があっても”何もしようとしない”人が多いようです。
 ダイエットに熱心と言われる女性にしても、”ダイエット中”といいつつ相変わらず”ケーキ”を食べ続けているのが面白いところです。
 
 先日、関西地方のローカルテレビ”サンテレビ”を見ていたら"リズミックボクシング”というボクシングのトレーニング方法を採り入れたフィットネスが紹介されていました。番組によれば、この”リズミックボクシング”は1991年に梅田で開発されたということで現在は梅田と大阪市内の都島でしか受けられません。

 私は、あまり”フィットネス”のことは明るくないのですが、”ボクシング”を採り入れたフィットネスは他にもあったような気がしますが、とにかく”リズミックボクシング”は、1991年以来、約6万人が体験し、成功に導いているということです。

 この番組の面白いところは、ダイエットに成功した人が番組に生で登場していることです。”1年で、18キロやせて、服が15号から7号に”とか”半年で10キロやせて生まれ変わったみたい”という女性が次々に登場するのです。この種の広告は、よく新聞の折込に入っていて、顔が同一人物かどうかよくわからないような2枚の写真を使って”1年でこんなに痩せました”というのが通り相場ですが、この番組は本人が登場しているので説得力があります。

 それにしても、女性がダイエットに成功したとはいえ、”ダイエット前の姿”をTVでさらすという番組は首都圏ではあまりみたことがありません。そのあたり、大阪の女性は意識が違うのでしょうか。

 ダイエット方法の中には”得体のしれない食べ物や液体”を使用することもあるようですが、この”リズミックボクシング”は、トレーニングによるダイエットなので、健全ではないかと思います。

 大阪の女性がトレーニングによって”痩せて美しくなる”ことは大いに結構ですが、パンチ力もアップして、ただでさえ強い?”大阪の女性”がこれ以上強くなったら一体どうなるのでしょう。
 
 

 
posted by NEKO4979 at 21:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

これは読めない!!大阪の変な駅名

 大阪に来て、約3ヶ月。当初、地下鉄の乗り換え方法が判らず、梅田地下街を”うろうろ”していた私もだいぶ、地理に明るくなり、近場であれば地図を手にしなくても行けるようになりました。

 まだ、大阪といっても大阪の中心部の往復する位の移動が中心ですが、今の時点でも”何て読むのかわからない”駅名が多いのです。まず、比較的近くにある”十三駅”。私のマンションの近くに”十三信用金庫”というのがあるので、銀行の”七十七銀行”のように単に”じゅうさん”と読むのかと思っていたのですが正解は、”じゅうそう”。

 次に”野江内代”駅。女性の名前のような駅名ですが、”のえうちよ”ではなく”のえうちんだい”。これは、”野江”と”内代”という地名が隣合わせであるのですが、それぞれの住民が譲らずに地名を合体させてできた駅名だということです。それにしても”内代”を”うちんだい”とはちょっと読めません。

 3つめは”放出”駅。もしかしたら、関西の人いや大阪の人でも読めない人がいるかもしれませんが、”はなてん”と読みます。”十三””野江内代”は言われてみれば、”なるほど”と思えるのですが、この”放出”駅は知っている人しかまず読めない駅名です。東京だと、駅名ではなく地名ですが”狸穴(まみあな)”に匹敵するくらいの”難読”だと思います。

 最後に、読めなくはないのですが面白い駅名の”蛸地蔵(たこじぞう)”駅。駅名に”地蔵”がつくのが珍しいのですが、それより人一倍、五倍?”たこ焼”を食べる大阪の地に”蛸地蔵”というのが意味深です。
 日ごろの”たこ焼食い””罪滅ぼし??”としてここで、”針供養”ならぬ”蛸供養”でもやっているのかどうかは定かではありません。

 
 
posted by NEKO4979 at 07:00| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

阪神と阪急の違い

 全国紙やTVでも阪急による阪神の買収は、連日大きく取り上げられています。全国ニュースでは、もっぱら”村上ファンドの動向”にポイントが置かれていますが、地元関西では視点が異なり”あの阪急があの阪神を”という感じなのです。

 関西でのニュースによれば、”阪急と阪神”には、”100年に及ぶ遺恨”があるとかで、その主なものは”阪急が豊中で始めた高校野球を阪神が、強引に甲子園開催に変更させた”、”関西大手私鉄4社でプロ野球のパリーグを結成しようとしたが、阪神だけセリーグに鞍替えした”等何かにつけて反目してきたようです。

 関西に来て日が浅い私は、”阪急と阪神”というと梅田駅で、お互い向かい合うように建っている”阪急デパート””阪神デパート”を思い浮かべます。”阪急デパート”は、全体的に高級志向で、食料品売り場でも、”奥さん安いよ”という掛け声はあまり聞かれないので、やや活気に欠けます。

 それに対して”阪神デパート”は”庶民派”らしく、地下の食品売り場では、”奥さん安いよ””今だけ安い””今日の目玉商品”といった威勢の良い掛け声が飛び交っています。

でも、何といっても”阪神デパート”の目玉は”地下の立ち食いコーナーでしょう。”たこ焼、うどん、お好み焼き、いつ見ても行列の名物イカ焼き、カレーパン、オムライス”等まるで、お祭りの屋台のように1箇所でこんな色々な食べ物を立ち食いできるデパートは、全国でもここぐらいでしょう。

 もし、阪急による買収が成功して、阪神がその傘下に入ったら、阪神デパートも高級志向になるのでしょうか。そうしたら、立ち食いも”クレープ”や”ベルギーワッフル”といった”阪急らしい”食べ物ばかりになるかもしれません。

 
 
posted by NEKO4979 at 21:57| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

女性を優遇しすぎの大阪通勤事情

 関西圏で始まったラッシュアワーにおける”女性専用車両”はようやく広まりつつある首都圏と違い、大阪では”女性専用車両があるのが当たり前”という感じです。

 私が毎日利用している”地下鉄御堂筋線”は、梅田、淀屋橋、心斎橋、なんばといった大阪の中心街を通り、ラッシュ時における混雑率は、大阪でも1番と言われています。東京で言えば、東京メトロの”ドル箱路線”とも言われる”丸の内線””銀座線”のような存在です。

 そんな”御堂筋線”にも、”女性専用車両”があるのですが、その車両は”真っ白”で、赤を基調としている御堂筋線では、本当に目立ちます。 一目で、”女性専用車両”とわかるはずなのですが、しばしば”女性車両のそれも座席のど真ん中に男性が堂々と座っている姿”を目にします。

 首都圏の電車や大阪の他の鉄道が車両の色までは、変えていないことを考えると異例とも言えます。しかも、他の路線と違い、ラッシュアワーだけではなく、土日・祭日を除く1日中”女性専用”なのです。

 それだけ御堂筋線の痴漢被害がひどいのかもしれません。実際、大阪の女性の話では特にひどいのは梅田からなんばまでで、”女性が一番前の車両にのったら痴漢にあっても構いません”というのと同じという”定説?”があるそうです。

 女性専用車両については、特に男性側からの異論が多いようです。私は、ラッシュアワーに限定されたものであれば賛成ですが、1日中やる必要があると思えません。首都圏で、もし1日中実施したら相当クレームがでるでしょう。

 首都圏と比べれば、大阪のラッシュアワーはかなり楽です。”御堂筋線”でもラッシュアワー時に首都圏で理想とされる”新聞・雑誌を読んでも隣の人とぶつかりあわない程度の混雑率”がかなり達成されています。 特に昼間は、座れる確率が高いので”痴漢が活動できるほど”混雑していません。

 昼間の”ガラガラの女性専用車両”で女性がくつろぐ姿を目にするたびに”女性を優遇し過ぎ、別料金にしろ”と思うのは私だけでしょうか。

 
posted by NEKO4979 at 07:53| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

本当に人気があるのか?阪神タイガース

 野球人気の低下が叫ばれる中、阪神がプロ野球随一の観客動員力を誇っていることは、大阪の街を歩けばよくわかります。梅田の阪神百貨店では、タイガースグッズ売り場が常設されており、梅田界隈では、タイガースカラーの黄色のグッズを全身に身をつけた親子連れとよくすれ違います。
 スポーツ新聞も勝っても負けても阪神阪神で、東京のスポーツ紙が巨人だらけなのと好対照です。

 でも、目をドラフト会議に転じてみると過去、大阪出身の有望選手がどうしても阪神に入りたいということで、清原のように泣いたり、桑田のように早大をだしにしたり、元木のように1年浪人した選手は記憶にありません。
 一方、巨人は人気凋落といわれていますが、今年も大阪出身の有望投手の辻内を獲得しています。

 また、ヤンキースの松井も阪神ファンだったらしいですが、巨人にあっさりと入団し、しばらくして”巨人魂”などと口にするようになりました。
 
 本当に阪神が人気があるなら、何人かの選手(特に関西出身)がどうしても阪神に入りたいうことで、浪人したり、泣いたりすることがあってもおかしくないと思うのですが・・・・

 かつて野村楽天監督が、日本経済新聞の私の履歴書で”本当は巨人ファンだったが出番が早そうな南海に入団した”ということが書かれていましたが、要するに”阪神は人気はあるけど、選手の就職先としては人気がない”ということなのでしょうか。
 
 
posted by NEKO4979 at 22:05| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

大阪で2番目においしいたこ焼屋??じゃ1番目はどこよ!!

 大阪人が、たこ焼を良く食べるというのは全国的に知られていますが、大阪に来て”たこ焼屋”の多さに改めて驚かされています。私の見たところ、ファストフードで言えば”ロッテリア””モスバーガー”、”ケンタッキー”よりは確実に多い感じがします。

 私の住む新大阪周辺は、そんなに人口が多いわけではないのに、横断歩道をはさんだ両側に店の中で食べられる規模の大きな、”たこ焼屋”が店を構えており、さらに200メートルほど歩くと、おばちゃん一人の屋台式のたこ焼屋があります。

 また、大阪の代表的な繁華街である梅田道頓堀にも、”たこ焼屋”がひしめいています。これだけ、たこ焼屋が多いと、他の店と差別化をはかる必要があるのか、面白いキャッチフレーズを掲げる店がいくつかあり、私が見た中で、面白かったのは、”日本で一番大きい蛸のたこ焼屋””大阪で2番目においしいたこ焼屋”です。

 私は”日本で一番大きい蛸かどうか誰が認定したのか”とつい意地悪く考えてしまうのですが、店の前は、見るたびに長蛇の列です。 ”2番目においしいたこ焼屋”というのも、まず東京ではみかけないキャッチフレーズですが、”じゃ1番目においしいたこ焼屋はどこ”といつか聞いてみたいです。

 これだけ、大阪人が”たこ焼”を食べるということは、逆に”東京人”がよく食べる”何か”を逆に食べないのだろうかと最近考えています。
 今のところ、その”有力候補””納豆”ですが、”たこ焼”とあまりに性質の異なる食べ物なので、違うかもしれません。私の”大阪研究”のテーマの一つとして今後も研究するつもりです。
posted by NEKO4979 at 08:52| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

忘れてへんか、タバコのマナー

 大阪に来て、目に付くのが”歩きタバコ”の横行です。東京にいた時、オフィスが全国に先駆けて”歩きタバコ禁止条例”を制定した千代田区にあったためなおさら、”歩きタバコ”が気になって仕方ありません。
 大阪には、現在、”歩きタバコ禁止条例”は全くないようです。
 当の大阪人に聞くと”大阪は、そもそもまあええいやないかという風土があるから”という答えが返ってきます。
 
 こちらに来て、気に入ったポスターに”ちょっとまち わすれてへんか 火の始末”というのがあります。標語までが、大阪弁というのが面白いのですが、これが標準語であれば”ちょっと 忘れてませんか 火の始末”と大阪弁に比べてキツイトーンになるのでしょう。

 歩きタバコを大阪弁で注意するとしたら、”やめへんか 歩きタバコ”とでもなるのでしょうか。標準語(やめてくだい 歩きタバコ)に比べて、何となくやわらかすぎて、効果がないような気がします。

 ”まあええやないか”という大阪の風土と”標準語と比べてやさしいトーンの大阪弁”が歩きタバコの横行の要因のような気がします。
posted by NEKO4979 at 08:50| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

東京と比べた大阪の女性について

 大阪の女性というと、男性なら”東京と比べて美人が多いか”というようなことに関心がいくのに対し、女性なら”ファッションセンスはどうか”ということに興味があると思います。大阪に行く前は、”大阪の女性は、東京より派手、光物・ブランド好きが多い”ということを何度か聞かされていました。

 実際に大阪に来てみて、”大阪の女性は外見上は、東京とさほど変わらない”というのが私の抱いたイメージです。
 大阪に来て、まだ日が浅いので、”生身の女性”をそれほど知っているわけではないですし、私の行動範囲は大阪といっても大阪市のそれも新大阪から梅田近辺に過ぎませんので、”大阪の女性は、東京の女性と比べて○○だ。”とまだ断定は出来ません。

 私の全くの主観ですが、”東京の都心とほぼ同じくらい、きれいな女性に遭遇する。(残念ながら出会うわけではありません!!)”というのが実感です。

 ただ、外見上”東京の若い女性と変わらない大阪の若い女性”がその後、どのようなプロセスを経て、”オレオレ詐欺”にもびくともしない”大阪のおばちゃん”に変貌していくのかは今のところ謎です。
posted by NEKO4979 at 07:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

関東地方より近い新大阪

 GWに帰省して、つくづく感じるのは大阪の時間的な近さです。東京駅からのぞみに乗ってしまえば、2時間半で新大阪に着きます。特に私の場合、新大阪駅の近くに住んででいるので、東京駅からほぼドア−ツードアで家にたどりつきます。それに対して、私の実家が東京駅から約1時間かかるので帰省する度に”なぜ550キロも離れた大阪が2時間半でつくのに、30キロも離れていない実家につくのに1時間もかかるのか”とイライラさせられます。さらに、JR西日本の快速より速い新快速や私鉄の特急に乗りなれてしまうとJR東日本の”快速”が各駅停車に感じられてしまいます。電車の車両や電車から見える風景にこだわる”鉄道オタク”の兄と異なり、私は鉄道に求めるのは”スピード”だけです。
 現状の2時間半でも昔に比べれば、だいぶ進歩していますが、せめて新大阪まで東京から1時間半でいけるようになればと願っています。でも、そのかわり料金が今の2倍になったら、めったに乗れなくなってしまいますが・・・
posted by NEKO4979 at 14:31| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

梅田駅の謎

 梅田が大阪の代表的な街であることは、広く知られていますが、その梅田駅周辺は他の地域からの人間にとってとてもわかりにくいのです。
 まずわかりにくいのは、jRの大阪駅梅田駅はほぼ同じ場所にあるのに関らず、JRだけが大阪駅と名乗り、阪急・阪神・地下鉄御堂筋線の3線が梅田駅としていることです。大阪駅は、JRにしかなく逆に梅田駅はJRにはありません。
 なぜ、同じ場所なのにJRだけが梅田駅とせず、大阪駅なのかはわかりません。もしかしたら、歴史的な理由があるのかもしれません。これだけでも、わかりにくいのに、それに輪をかけてわかりにくくしているのが、地下鉄谷町線の東梅田駅と地下鉄四つ橋線の西梅田駅、そしてJR東西線の北新地駅の存在です。3駅とも梅田駅と地下街でつながっており、乗り換えするのに一度、改札を出る必要があるものの、乗り換えに10分もかからないのでどちらも梅田駅としてもおかしくないのに西梅田、東梅田とわざわざ別の駅名にしています。まだこの両駅は駅名に梅田がついているのでわかるのですが、最もわからないのがJR東西線の北新地駅です。なぜ、同じ地下街で結ばれているのにこの駅だけ、梅田と何の関係のない駅名なのかわかりにくいことこの上なしです。
 この点、東京の地下鉄の有楽町線と東西線の飯田橋駅が乗り換えに20分近くかかるのに同じ駅名にしているのと対照的です。東京の地下鉄の発想だと、西梅田東梅田もそして、北新地駅梅田駅になります。その方が特に他所からの利用者にはわかりやすいと思うのですが・・・
posted by NEKO4979 at 21:34| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

NHK="2ちゃんねる”??

 一人暮らしの生活になってから、話し相手がいないぶん、以前よりTVをみる時間が増えました。そのTVのチャンネルが関東と全く違うので、面食らっています。
関東エリアだと1チャンネル=NHK、3=NHK教育、4=日本テレビ(読売系)、6=TBS(毎日系)、8=フジテレビ、10=テレビ朝日、12=テレビ東京(日経系)なのですが、大阪だと2=NHK,12=NHK教育、10=MBS(東京の6とほぼ同じ)、6=朝日放送(東京の10)等で、同じなのは、8=(東京の8とほぼ同じ)だけ、しかもその違いに規則性がないので、未だにTVを前にすると考えてしまいます。特に、関東では、NHKのことを”1チャンネル”と呼ぶことが多いので、NHK”2チャンネル”というのは、最も違和感を感じます。それに、”2チャンネル”というとどうしてもインターターネットの”2ちゃんねる”を思い浮かべてしまいます。個々の番組では、TV大阪、”アド街ック天国”が放映されているのが最も意外です。ほぼ100%関東の街しか、取り上げないのに大阪で放映してもいくら関東で人気番組とは言え、視聴率上がらないと思うのですがどうなのでしょう。
posted by NEKO4979 at 09:44| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

ヘレかつ定食にミンチ定食はいかが

 大阪と東京で、同じ食べ物なのに呼び方が違うものがいくつかあります。その代表的な食べ物は、”豚まん”でしょう。関東では、一部例外を除いて”肉まん”と呼びます。これは、私も知っていましたが、先日、昼休みオフィス近くの居酒屋風の店に入って、献立表を眺めていると”ヘレかつ定食””ミンチ定食”が目につきました。恐らく、”ヘレかつ=ひれかつ”、”ミンチ=メンチ”だとは想像がつきましたが、何しろ、”焼きそば定食!!”がある大阪のことですから、早合点して”全く想定外”の食べ物が目の前にだされるのも嫌なので、念のため、店員に確認してから”ミンチ定食”を注文しました。値段も750円と安い上に、東京の”メンチ定食”よりおいしかったです。それにしても、”ミンチ”はともかく、なぜ”ひれ””ヘレ”と呼ぶのか、ということは”ひれ酒””ヘレ酒”というのか疑問を感じつつ店を後にしました。
posted by NEKO4979 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

大阪在住の超人気猫”はっちゃん”

 NEKO4979の名前の通り、大の猫好きの私ですが、大阪に来て良いことの一つに大阪在住の超人気猫”はっちゃん”を知ったことです。3月のある日、旭屋書店梅田店で、若い女性が一心不乱に猫の写真集に見入っている姿が目に付きました。それを見た私は、女性が見ている同じ写真集を手にしました、それが”はっちゃん”の写真集だったのです。帯びを見ると、”はっちゃん”がただの猫ではなく、ブログで大人気のモデル猫http://sky.ap.teacup.com/hani/ということがわかりました。さらに、その本屋の店内に”はっちゃん”のサイン会のお知らせの告知がありました。この時、”はっちゃん”もさることながら、”猫のサイン会ということは、猫の肉球でサインするのか??それとも・・・”という興味が湧きましたが、残念ながら予約は締め切られていました。 その後、グーグルで”はっちゃん”をキーワードに検索するとトップに表示され、ブログをみると1日、1万単位のアクセス数があることがわかり、その人気の凄まじさに驚きました。”はっちゃん”は、オス猫で4歳。模様は私流に表現すると”のらくろ模様”、大きい目が魅力的で、とても利口そうな顔をしています。
 このGWの29日・30日の両日、大阪梅田の阪神百貨店で、”はっちゃん”のサイン会がありましたが、今回は、26日 10時から電話による予約開始という人気コンサートの席とりと同じ体制、私も仕事の間隙をぬって電話しましたが、ピーとも鳴らず”ただいまお客様がおかけになった電話番号は、大変込み合っています、後ほどおかけください。”というテープによる女性の声が機械的にながれるばかりで、今回も”はっちゃん”には出会えませんでした。ただ、同時に開催された”はっちゃん”の写真展で、”はっちゃん”が私と同じ大阪市民であることや、神戸で生まれ、”地域猫”として育てられていたところを現在の飼い主である写真家である八二氏に里親として引きとられたことなど”はっちゃん”のことが色々知ることが出来てうれしかったです。次回は、絶対、生の”はっちゃん”に会ってみたいです。
posted by NEKO4979 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。