2007年07月14日

大阪のお土産は何が良いか?

中元・お盆と何かと物を贈る機会が多いシーズンにはいりました。私もせっかく、大阪に住んでいるのだから、出来れば“大阪らしい贈り物”といつも考えていますが、意外とちょうどいい大阪らしい手土産や贈り物がないのです。

大阪といえば、“たこ焼き”というくらい、“たこ焼き”はたくさんありますが、そもそも“たこ焼き”はその場で食べるもので、手土産や贈り物には向きません。もうひとつの名物、大阪寿司にしても、生物という食べ物の性格上、同じことが言えます。

 じゃ、大阪には“おいしい食べ物はないのか”というとそんなことはありません。実際、昼ごはんのレベルの高さは特筆ものです。某全国展開飲食チェーンのキャッチフレーズ風に言えば、“早い・安い・おいしい”です。

某チェーンが“早い・安い・おいしい”というよりは、“早くて安いからまずい”のが実態なのに対して、大阪の昼ごはんは、どこで食べても“600円もあれば結構なものが、ご飯お代わり無料で、しかもあっという間に出てきます。

 私が、大阪に来てから“この店まずいから二度と来ないと思った店”は数えるほどしかありません。その“数えるほどまずい店”は全て“まずい店はすぐつぶれる”という大阪の格言通り、まもなくつぶれました。 昼ごはんから考えても、大阪の食のレベルの高さは、特筆すべきものがあると思います。

兵庫出身のコラムニストの勝谷誠氏が、ある雑誌で、“東京からたまに大阪にくると、いつも感じることは昼飯が圧倒的にうまいこと”と書いているように“食い倒れの町大阪”は健在のようです。

 このように、“食のレベルの高い”大阪になぜ、気の効いたお土産がないのか不思議です。東北の仙台の“荻の月”、鎌倉の“鳩サブレー”、東京(というより埼玉か)の草加せんべい、福岡の明太子、といったように地名を言えば“あれをお土産に買っていこう”と誰でも思い浮かぶような“定番のお土産”が大阪にはありません。

 同じ関西でも、神戸なら“神戸牛”や“洋菓子”、京都なら色鮮やかな“京菓子”、“大安漬け”をはじめとした漬物、京野菜等、お土産に事欠きません。

 それに対し、場所柄お土産品が多い新大阪駅の売店には、大阪のお土産としては、“タイガース”ブランドの商品かお持ち帰り用のたこ焼きくらいが目に付く程度です。中華フードの蓬莱551は人気がありますがどちらかというと家族のためのお土産には向きという感じです。

 日本で一番商売が上手いとされる大阪で、誰でも買いたくなるような“気の効いた手土産”がないのは不思議でなりません。
 いっそのこと、大阪の経済活性化のため、新しい“お土産”を開発したらどうでしょうか。鳩サブレーをもじって、蛸の形をした蛸サブレーとか、通天閣煎餅とか、関東の人間には受けると思うのですが・・


 
posted by NEKO4979 at 22:06| 大阪 ☔| Comment(17) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

ウンコで運休?のJR神戸線

 7月1日、私のマンションの近くのJR西日本新大阪駅では、新幹線の新型車両N7000のデビューということで、普段以上の賑わいをみせていました。 

 その同じ日に、JR西日本では、”ウンコのため運休”という前代未聞の珍事故が起きました。事故の内容が内容だけに、”食事中に汚い話するな”という抗議がくるのを恐れてか地元TVでは、あまり放送されていませんでした。(本当は、地元の吉本系タレントあたりを使って面白おかしく放送したかったのではないかと思いますが・・)

 一方、新聞、特にスポーツ紙はイラスト付きで記事にするなど、この事故に狂喜乱舞したかのような報道が目立ちました。
 その報道によるとこの珍事故の概要は下記の通りです。

「播州赤穂発、近江今津行きJR西日本新快速神戸線で午前8時ころ西明石駅を出発した後、乗客が非常ボタンを押し、車両に汚物が散乱しているとの通報があったため急停車し、車掌が調べると2両目から8両目にかけて大便とみられる汚物が散乱しており、次の明石駅で清掃したもののニオイが消えず、神戸駅で運転を打ち切った」というもの、JR西日本では「1両目に乗っていたと思われるお客様が8両目にあるトイレに向かったものの間にあわなかったのではないか」としている。

 私ももう何回もJR西日本の新快速に乗っていますが、この新快速一旦乗るとなかなか止まらないのです。”新快速とは快速よりも速い”という意味で、東京にはありません。東京で快速というとJR東日本東京ー高尾間中央線の快速が有名ですが、JR西日本の新快速に比べたら各駅停車のようなものです。

 この”お客様”にとって(乗り合わせた乗客にとって?)、そもそも新快速に乗ったことが悲劇でした、これが普通電車だったら何とか漏らさずに持ちこたえたか、せいぜい2両目を汚す程度で済んだことでしょう。

 恐らく、新快速の1両目に乗っていたと思われる乗客(恐らく男性)が、遅刻しそうになって用も足さず慌てて乗車したか、食あたりのため、走行中、突如、猛烈な便意に襲われたため立ち上がり、それこそ新快速並みの猛スピードでトイレのある8両目に向かったものの、途中でシビリアンコントロールならぬ尻ビアンコントロール(お尻の自己制御機能)を完全に失い、半ば無意識に2両目から6両目まで大便をタレ流し、そのまま立ち去ったと思われます。

 それにしても、ガラガラだったならともかく当時1200人が乗車していたのに誰も最初”タレ流し”に気がつかなかったというのは驚きです。
 恐らく、ズボンの裾から少しずつ垂れ流し?たため誰も気がつかなかったのではないでしょうか。その後、JR西日本の言うところの”お客様”は一体どうしたんでしょうか、新快速に乗る乗客はかなり急ぐ人が多いのでズボンを代える時間もなかったのではないかと心配で夜も眠れません。ところで、この場合、発覚したらJR西日本”割り増しウン賃”でも請求されるのでしょうか。
 
 でも、今回の最大の被害者はこの車両に乗り合わせた乗客ではないでしょうか。明石駅で清掃したといっても、”強烈なニオイ”が残ったらしいので、明石の次の神戸までの12分間が乗客には12時間にも感じたかもしれません。その間、皆、鼻をつまんでいたのでしょうか。最近、”車内で異臭がする”という事例は全国で増えていますが、今回の場合、”異臭”などというなまやさしいものではなかったはずです。

 今回、この車両に乗り合わせた乗客に今後、”運がつく”ようになれば良いのですが・・・
 
 

posted by NEKO4979 at 08:29| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。