2006年07月22日

なぜか大阪で人気がない東京のお笑い番組

 東京の代表的お笑い番組の笑点がなぜか大阪では人気がないようです。毎週、新聞に掲載されている関西エリアの視聴率ベスト20に笑点が一度も入れずにいます。ワールドカップ開催の影響で、視聴率が低下しているものと思っていたのですが、ワールドカップが終わっても視聴率が振るわないところをみると、そもそも笑点東京ほど人気がない、つまり大阪では”面白くない”と受け止められているようです。
 実際、大阪人にたずねると”全く面白くないということはないけど、何かお笑いのセンスが違う”という答えが返ってきます。
 
 大阪の番組をみていると、朝のワイドシヨーからゴールデンタイムの番組まで吉本所属のタレントが切れ目なく出演しています。そのためか、私にとっては、関西系のTVで制作されたどの番組も”お笑い番組”に思えてしまいます。

 大阪東京では、そもそも”お笑い”に対する位置づけが異なるようです。東京の番組では、ワイドショーのような普通の番組に”お笑いタレント”が出演することは、あまりないですし、出演しても”よそ行きのキャラクター”で振る舞います。

 東京では”これはお笑い番組、これは真面目な番組”と区分がはっきりしているのに対し、大阪ではお笑い番組とそれ以外の番組との敷居が低いようです。

 また、大阪の番組を見ていて驚くのは、例えば大阪の日本一長い天神橋筋商店街でタレントが行き当たりの”大阪のおばちゃん”に突然、マイクを向けても恥ずかしがるどころか、たじろぎもせず面白いことを言ったり、タレントに向かって”あんたTVで見るよりいい男だ”等、タレントばりの反応をする人が多いことです。東京では、突然、マイクを向けられると恥ずがる人が多く、しゃべっても気の利いたことをしゃべれる人は少ないのですが・・・・

 大阪では、お笑いは吉本のタレントや落語家に笑わせてもらうだけではなく、場合によっては、自らが”笑いの発信地となり周囲を楽しませるという文化があるのかもしれません。
東京では、”お笑い”はもっぱら”落語家や漫才師に笑わせてもらうもの”という位置づけです。東京の代表的なお笑い番組、笑点の人気が大阪で振るわないのは、”お笑いに対する距離感”東京大阪では違うからかもしれません。

posted by NEKO4979 at 08:46| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

先週の一番おいしい食事と一番安い食事

 7月10日(月)〜7月17日(月)

 一番おいしい食事  
   7月16日(日)昼食 京都・祇園 京煎堂
          抹茶づくし 950円
     

     コメント 八坂神社近くのこの店、和菓子屋
          だが、奥に喫茶コーナーがある。 
          抹茶づくしは、抹茶のアイスティー
          に抹茶アイスクリーム、抹茶ゼリー
          の3点がセットになったもの。
           抹茶アイスが程よい甘さ。3点の
          組み合わせも良い。
          
          おいしさ度 ★★★★ (★5つが最高)
     

           大阪転勤後初めて京都に、JR新快速
          で新大阪から約30分、片道510円で華やいだ
          雰囲気の別世界に。
          折からの祇園祭りのため観光客で大賑わい。
          和服姿の外人が多いのに驚く。
          飲食店は、観光客目当てのためかどの
          店も料金高め。
   
  一番安い食事 7月17日(月)朝食

          阪神百貨店梅田店地下1Fの
          パン屋 ヘンゼル
          の食パン6枚切り150円 2きれ と大阪保証牛乳
          のグレープフルーツジュースコップ1杯
          合計約70円

          ヘンゼルは閉店間際に食パン
          は全部150円、菓子パンは100円にするので連日
          大賑わい。          

         

posted by NEKO4979 at 08:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 先週の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

サミットよりオモロイ大阪と京都の喧嘩

 16日にロシアサンクトぺテルブルグで始まった主要国首脳会議(G8サミット)では、北朝鮮問題が主要テーマになっていますが、関西では2年後に日本で開催されるサミットの開催地を巡り、大阪京都が互いに譲らず今後の行方が注目されています。

 日本で開催されたサミットといえば、沖縄サミットが記憶に新しいところですが、地元出身の当時の人気歌手安室奈美江まで引っ張りだして前夜祭をしたり、会議とは無関係にところで大騒ぎしすぎした感が否めません。

 2年後のサミットは、候補地として大阪・京都・神戸関西連合横浜・新潟連合(考えてみれば変な組み合わせですが)が名乗りをあげています。知名度から言えば、関西連合に分がありそうですが、サミットの目玉というべき”首相と大統領が参加する会議”大阪京都のどちらで開催するかお互いが譲らずもめているのです。

 サミットというと、ひと昔はそれだけで大ニュースでしたが、最近ではこのインターネット時代、”別にわざわざ集まらなくてもTV電話で済みそうな成果しか挙げられず”存在意義さえ問われているので、サミットを誘致したところで大してプラスにはならないと思うのですが、大阪京都の思惑は別のところにあるようです。

 京都、”千年の都”のプライドがあり、一方、大阪”関西の政治・経済の中心”という自負があるようで、それぞれが”首脳会議は自分のところでやるのが当然”と思っているようです。それに対して、関西の”3男坊?”神戸、”首脳会議は無理、蔵相会議で御の字”というスタンスで、大阪・京都の喧嘩?を見守っています。

 京都の街を歩くと目に付くのは”京都が日本にあってよかった”という京都以外では考えられないようなキャッチフレーズ、大阪では、”気いつけや 狙われている あなたのバッグ”ひったくりに注意を呼びかけるポスターが目立ちます。

 京都は、知名度アップというより、”京都が日本にあってよかった”という考えようによっては凄く嫌味なキャッチフレーズのように”サミットのような重要な会議を関西でやるなら京都でやるのは当然”環境サミットでしばしば引用される”京都宣言”の再現を狙っているようにも思えます。

 それに対して、大阪オリンピック誘致の失敗で、大阪の国際的な知名度の低さを実感し、何とか大阪東京に次ぐ規模の都市として国際的な知名度を高めたいということとひったくりをはじめとした”犯罪多発・治安が悪いという”国内のイメージの払拭に躍起になっているのかもしれません。

 隣同士でありながら、街の風景も風土も水と油のように異なる個性を持つ
関西の両雄。力を合わせれば凄いと思うのですが”関西活性化”では一致しても、いざとなると足の引っ張り合いをするようです。

 まさかじゃんけんアミだで決めるわけにはいかないでしょうし・・
話し合いで決着をつけるために、”関西サミット”を開催しようとしても、このままだとその”関西サミット”の開催場所でモメそうですし・・・

 一体どうやって決着するのか、両者の争いの行方は、半ば儀式化した感のあるサミットそのものよりはるかに面白そうです。

posted by NEKO4979 at 16:20| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

先週の一番おいしい食事と一番安い食事

 7月2日(日)〜7月8日(土)

一番おいしい食事

  7月8日(土)朝食 

阪神百貨店梅田店 九十九堂本舗のクリームパンとジャムパン合計353円
           おいしさ度 ★★★★★(★5つが最高)

 ※とにかくここのクリームパンはおいしい!!東京にもおいしい
  クリームパンは幾つかあるけど、ここのクリームパンにはかな
  いません。すぐ売り切れるので、入手困難。並んでも買う価値あ
  り。

 一番安い食事
   7月8日(土)昼食

   日清 カップヌードル  74円 

   ※近所のスーパーで安売りしていたものを購入
posted by NEKO4979 at 21:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 先週の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

神戸コロッケはあるのになぜ大阪コロッケはないの?

 私は、もともとが”食いしん坊”ということもあり、大阪に来る前から”デパ地下巡り”が好きで、三越・松屋・松坂屋・高島屋・伊勢丹・東武・西武といった主要なデパートの食品売り場を定期的に見て回っていました。(つまみ食いが目的ではありません!)

これらのデパ地下で目に付いたのが神戸コロッケです。あまりコロッケが好きではないので、一度も買ったことはありませんがどのデパートでも店の前で行列が出来ていることが多く、人気店がひしめく首都圏デパ地下でも目立つ存在でした。

 神戸コロッケの定義が、@神戸で作ったコロッケAコロッケの材料が神戸産B単なる商品名 のうち、どれだかわかりませんが@だとすると神戸で作ったコロッケを連日はるばる、遠く離れた首都圏まで配送しなくてはならず、コロッケの値段を相当高くしないとペイできないと思うのですが・・・

 その神戸コロッケですが不思議なことに大阪デパ地下では、まだ見たことがないのです。首都圏より神戸にはるかに近いのですから、たくさん売り場があると思ったのですが・・・

 もしかしたら大阪では神戸コロッケが人気がないのかもしれません。大阪は、和食をはじめ食べ物が東京より全般的においしい一方で、”カレーライスに生卵をいれたり、焼きそばと白いご飯を定食にして一緒に食べたり、トマトラーメンがあったり”等、首都圏とかなり味覚?が違うようですので、首都圏で人気がある神戸コロッケ大阪で人気がなくても不思議ではありません。

 それにしても、神戸とつく食べ物はコロッケの他神戸屋のパン等いくつかありますが、大阪コロッケとかなにわコロッケあるいは大阪ラーメンというように食べ物に大阪あるいはなにわが付いた食べ物は聞いたことがありません。食い倒れの大阪なので、大阪がついた食べ物がいくつもあってもおかしくないと思うのですが・・・

 首都圏でも、商品に横浜とつくとなんとなく美味しそうという感じがするので横浜○○という食べ物は多いです。関西では、神戸横浜と同じような存在なのかもしれません。神戸・横浜といったネーミングにひかれ、大して美味しくないのに買ってしまう人も多いようです。

 もしかしたら食べ物のネーミングに大阪が少ないのは、”大阪=たこ焼”のイメージがあまりにも強烈だからかもしれません。
このイメージを逆手にとって”たこ焼コロッケ”でも開発したら人気が出ると思うのですが・・・
 
 

 

 

posted by NEKO4979 at 08:05| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

先週の一番おいしい食べ物と一番安い食事

  6月26日(月)〜7月1日(日)までの1週間
 一番おいしい食事 

     6月27日(火)昼食 天喜屋 谷町4丁目店
      から揚げ定食 580円  ★★★★(最高は★5つ)
       大阪のランチは東京より100円は安い!

      ※値段の割りに量が多い、それに米がおいしい。
       お造り定食(注)780円もお勧め

   注 関西では、”刺身定食”のことを”お造り定食”
         と言うことを最近知りました。
      
   
  一番安い食事 
 
     6月26日(月)朝食  
       99ショップ新大阪店のバナナ 4本で103円の
       バナナを2本
       森永おいしい牛乳 コップ一杯
              合計約75円   
posted by NEKO4979 at 21:15| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 先週の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

関東人からみた阪急と阪神の合併

 6月29日に開催された、阪急阪神の株主総会で、両社の合併が正式に承認され、村上ファンドにに端を発した”阪神買収騒動”は一応の決着をみました。阪急阪神の合併は、もちろん関東人にとっても大ニュースですが、地元関西とはかなり温度差があるようです。

 まず阪神ですが、タイガースを通じて関東でも知らない人はいませんが、電車はもちろん、阪神百貨店関東にはないので、直接的な接点はないため、イメージとしては阪神=タイガースで、阪神電鉄がどこからどこまで走っているのか知らない人が大半です。

 阪急というと関西では庶民派とされる阪神に比して、高級・都会的というイメージをもたれているようですが、関東では、東京駅の隣駅で銀座に程近い有楽町駅前の有楽町阪急百貨店が知られているくらいで、イメージが確立するほどの存在感はありません。

 関東では、阪急阪神はだいたいこの程度の認識ですから、今回の合併についても興味はあるけど、直接は関係ないというのが通り相場です。

 ところが阪急阪神と異なり、関東人は知らないだけで実は阪急と多くの接点を持っています。

 その一つ目は映画。映画大手の上場会社東宝阪急系であることは関東人はほとんど知りません。会社の名前に東がついているので、むしろ東京の会社だと思っている人も多いくらいです。

 次に本屋。関西の有力書店のブックファーストは、神田・銀座・渋谷といった東京の主要な場所に次々と出店し、いつの間にかメジャーな存在になっています。

 特に、日本最大の古本屋街神保町に程近い東京駅の隣駅のJR神田駅前にブックファーストが大規模な店舗を前田書林という東京でも100年以上の歴史を誇っていた有数の老舗書店の道路をはさんで目の前に出店し、神田界隈を驚かせました。
 その後、前田書林は閉店に追い込まれてしまい、話題となったものです。しかし、関東人の大半はブックファースト阪急系であることは知りません。

 阪急の戦略として、映画にしても書店にしても”阪急”という名前を引っ込めた方がと得策と考えたから、阪急映画とか阪急書店にしなかったのかもしれません。

 それにしても、関東を含めた大手私鉄が多角化といっても百貨店・沿線の不動産事業・ホテルがせいぜいというのに対し、古くからある映画宝塚そして書店事業に進出してまだ日が浅いのに関わらず、関西はもちろん、関東でもメジャーな存在にしてしまう阪急の商売のうまさは、鉄道会社というよりは、鉄道もやっている総合事業会社といったほうが良さそうです。
 

 この商売上手の阪急が全国的なブランド阪神タイガース、そして関東ではあまりない、良い意味での”庶民派 デパート”阪神百貨店を傘下におさめてこれからどんなことをしてくるのか想像もつきません。

 ただ、一方で阪急名門球団阪急ブレーブスオリックスにあっさり売却したようにドライな面も合わせ持っています。
 阪神タイガース・高校野球のお陰で、さほど経営努力をしてこなくてもやってこれた阪神もこれからはうかうか出来ないでしょう。

 どうせなら関西だけではなく、全国的にもインパクトのあるようなことをやって欲しいものです。
posted by NEKO4979 at 08:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

大阪の中心てどこ?

 東京都心といえば、皇居に近くまた日本を代表するような大企業の立ち並ぶ東京駅の皇居側にある丸の内で、約70万人と日本一の乗降客を誇り、都庁もある新宿はあくまでも副都心に過ぎません。

 それでは、大阪の中心はどこなのかということですが、私の知る限り、大阪を紹介している本や雑誌で、”大阪の中心は○○”という表記を見たことがありません。でも、中心になれるような候補地は、大阪の代表的な繁華街を抱え、大手企業のオフィスが多い梅田大阪市役所がある淀屋橋など幾つかあります。

 大阪に限らず”中心はどこか”と考えた場合、@県庁等、その地域の重要施設や歴史的な名所があるA乗降客の多い駅の近くにあるB大手企業の本社や支店があり、その地域の経済の中心となっている等が選考基準になるのではないかと思います。

 この@の基準で考えると、大阪府庁は、地下鉄谷町線京阪電鉄が通る天満橋駅近くにあります。天満橋駅近くには大阪城もあり、また、例年春の”桜の通り抜け”で全国的に有名な財務省造幣局も近く”大阪の中心”の有力候補になりますが、なぜか駅の乗降客がそれほど多くなく街もやや活気がないので中心という感じはしません。

 Aの基準だと、阪急・阪神・地下鉄御堂筋線・谷町線・四ツ橋線・JR東西線それに大阪山手線といわれる大阪環状線が通り、大阪一の乗降客を誇る梅田駅(JR大阪駅)周辺ということになりますし、大丸・阪急百貨店・阪神百貨店等の集客力の高い商業施設もあるので梅田駅(大阪駅)周辺”大阪の中心”といってもおかしくありませんが、駅の目の前に突然大きな歩道橋や場外馬券売り場があったり、道が狭かったり何か”ごちゃごちゃ”しています。(まあそのごちゃごちゃしているところが大阪らしいのですが)

 Bの基準だと大阪市役所日銀の大阪支店や大企業(特に医薬品メーカーの本社)が立ち並ぶ、地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅周辺や全国的に有名な船場が近い地下鉄御堂筋線・中央線本町駅周辺、大阪証券取引所近くの北浜駅周辺などが候補になります。

 私は、個人的には淀屋橋駅周辺が様々な歴史的な施設があるため街として落ち着きがあり、また道も広く”大阪の中心”として相応しいのではないかと思っています。

 ただ、大阪の不幸なことは、上記の候補地のいずれも、新幹線が通っていないことです。新幹線の駅は、梅田駅(JRだと大阪駅)から電車で10分ほど離れている新大阪駅ですが、本当に新幹線のために作られたという感じの街で何もありません。あるのは、私のような転勤族アパートやマションばかりで、この上なく殺風景です。

 もし、新大阪駅近くに大阪城通天閣かつての万国博のシンボル太陽の塔、あるいは巨大な”食い道楽人形”のような他の地域から来た人に”ああ大阪に来たな”と思わせるような建物や名所があれば、大阪のイメージもだいぶ変わると思うのですが・・
いっそのこと、新大阪駅周辺を”大阪の中心”、”大阪の玄関”として再開発したらどうでしょうか。そうした方がごちゃごちゃした感じのする梅田駅周辺を整備するより、お金がかからないような気がします。

 でも、再開発されたら駅のすぐそばの私のマンションは真っ先に壊されるかもしれませんが・・・
 
posted by NEKO4979 at 07:42| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

大阪女性の立ち食いについて

 私は、梅田駅で乗り換えをしているため、毎日のように阪神百貨店の前を通っています。その地下の食料品売り場の一角に”スナックパーク”という立ち食いコーナーがあります。

 ここでは、名物”イカ焼き”(お好み焼き風で、具にイカがたくさん入っている食べ物)や阪神百貨店限定”トラトラセット”、そして東京ではまず見られないオムライスの立ち食い、他にラーメン・うどん・カレー・今川焼き(関西では今川焼きとは言わない何だっけ?)等約10種の食べ物がさほど広くない1画に所狭しと並んでおり、連日大賑わいです。

 家族連れ・カップル・若いOL・ビジネスマン・タイガースのユニフォーム姿の熱狂的な虎ファンそれに大阪のおばちゃん等様々ないでたちの人がお互いの肩が触れないように注意しながら、オムライスの隣でイカ焼きたこ焼の隣でカレーたこ焼の隣でイカ焼きというように各自の好物を一心不乱に食べています。

 このスナックパークでは、予想外?に若いOLが多いのです。東京では、立ち食いそばが多いですが、女性客は滅多にいません。また、東京にもスナックパークと似たような施設は幾つかありますが、やはり女性客は少ないです。そんなことから、大阪に来る前までは、”女性は立ち食いは好まない”と考えていましたので、スナックパークでの女性客の多さには驚かされました。若く綺麗なOLが、オムライスカレー、イカ焼きを肩を並べて頬ばる姿は東京ではまず見られません。

 通勤帰りにスナックパークに寄る時間帯は、OLであれば6時〜8時くらい。男性に比べて少食なOLが、家についてまた改めて食事をするには、ボリュームが多すぎます。ということは、立ち食いはその日の夕食になっているのでしょうか。でも、夕食がたこ焼・イカ焼きでは、ちょっと寂しいような気がします。やはり、立ち食いは”夕食までのつなぎ”という位置づけなのかもしれません。

 東京の女性は、3時のおやつにケーキを食べることはありますが、夕食までの”つなぎ”として立ち食いに寄るという習慣はほとんどありません。

ということは大阪の女性東京の女性より食欲旺盛なのかもしれませんが、大阪の女性東京の女性より太った人が多いとは思えません。
もしかしたら、大阪の女性は、身長178センチ・体重75キロの私を突き飛ばすくらい歩くのが”速い”女性が多いのでそこで、余分なカロリーを消費しているのかもしれません。







 
posted by NEKO4979 at 09:16| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

関西人はうるさいか?

 関東人が抱く関西に対する否定的なイメージの一つとして、”関西人はうるさい”というのがあります。首都圏の代表的なドル箱路線といえるような有数な混雑率を誇るJR東日本の山手線の車両でさえ関西人が乗っているかどうかすぐわかります。とにかく関西人の話し声が大きいことと関西弁のイントネーションが周囲が標準語ばかりなので目立つからです。

 また、私はかつてスキーをしていましたので、スキー場(特に長野県の八方尾根・志賀高原)に行って関西弁が周囲を席巻する風景に何度か出くわしました。
 このような経験があったため、大阪の街はさぞ騒々しいのだろうなと思っていましたが、実際に来てみて、拍子抜けするくらい静かなのです。
 特に、意外なのは電車の中が静かなことです。大阪に来る前は、関東人の多くが抱くように”電車の中でも大阪人同士、漫才みたいな会話が連日繰り広げられていて騒々しいに違いない”とイメージしていましたが、会話している人は少なく、東京の電車の車内風景と何の変わりもありません。むしろ、東京のほうがうるさい位です。

 でも、山手線やスキー場で遭遇した、関西人はおしなべて声が大きく、目だっていました。数人でも、騒々しいのだから周囲が関西人だらけの大阪に行ったら耳栓でもしなくては、と本気半分で思ったものです。

 もしかしたら、関西人は地元とそれ以外では声のトーンを変えるのかもしれません。それに”耳の慣れ”ということも大きいのではないかと思います。東京で、”関西人が目立ったのは、声の大きさもさることながらイントネーションが異なり、関東人にとっては、ある意味、外国語のように聞こえるからかもしれません。

 大阪では、当然、私のような標準語が少数派です。不思議なことに、東京であれほど気になった関西弁は気にならず、逆に標準語を話す人がいると思わず振り返ってしまうようになりました。

 もしかしたら、私が周囲の人から”標準語をしゃべるうるさい関東人”と思われているかもしれません。

 
 
posted by NEKO4979 at 07:36| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。